ベストプラクティス

非営利団体向けTwitterベストプラクティス

Twitterの使命は公共の場における会話に寄与することです。何百万人もの人々がTwitterを使って意見を交わしたり公職者と対話したりする一方、政治家やジャーナリストもTwitterで世論の動向を把握してきました。組織や非営利団体にとっては、キャンペーンを推進したり、重要な問題についてオーディエンスに情報を提供したり、教育したりするのに最適な場所となっています。

Twitterでのタイムリーで優れたメッセージは世界に広まる可能性があります。それぞれのツイートは組織の声を伝え、オーディエンスとの関係を強化する良い機会となります。しかし、Twitterで健全かつ良好なプレゼンスを築くには、単にリツイートの数を増やすだけでは不十分です。

Twitterを活用して社会に変化を起こそうとする非営利団体向けに、どの分野であっても役に立つヒントをご紹介します。

会話を利用する

ニュースはTwitter上で生まれます。そのためプラットフォームを利用する場合、タイミングが重要な要素の1つになります。多くの場合、会話は作るより参加するほうが簡単です。人気のあるトピックや、コミュニティで話題になっていることをチェックしてみてください。話題になっている新しいテレビ番組や映画はあるでしょうか?祝日の予定や現在進行中のイベントはあるでしょうか?そのイベントは自組織のミッションやキャンペーンとどのようにつながっているでしょうか?できるだけリアルタイムに行動を起こし、その瞬間を逃さないようにしてください。

背景テクスチャ。

ボイス&トーンを考慮する

メッセージを伝えるには個性と自分らしさが重要です。組織の規模にかかわらず、じっくりと時間をかけてブランドボイスを練り上げましょう。 ブランドの目的(ビジョン、ミッション、バリューの組み合わせ)から生まれたボイス&トーン(伝え方や調子などの表現ルール)は、どうツイートするかの指針になります。Twitterフィードを担当するメンバーが複数いる場合は、組織にふさわしい表現様式(最近のツイート例など)を資料として文書化しておくとよいでしょう。

背景テクスチャ。

活動内容をアピールする

個人や組織にとって、Twitterは記者会見やニュースリリースの枠を超えて、より親密な形で人々とつながることができる貴重な手段です。人々は舞台裏を知ることができるコンテンツを好みます。聞いたことはあっても、具体的にはよく知らない活動内容を身近に感じることができるからです。舞台裏の写真や動画をツイートしたり、Twitterの新しい会話設定を使って非営利団体で取り組んでいる活動の中心人物にインタビューしたりしてみましょう。

 

背景テクスチャ。

関わり合う

会話を通してフォロワーと関わり合うことは、Twitterで最も効果的な側面の1つです。 情報を発信するのも大事な仕事ですが、オーディエンスの声に耳を傾け、そこから学び、インサイトを得ることに時間をかけましょう。すべてのツイートに返信するのは無理でも、気に入ったツイートにいいねやリツイート、引用ツイートで応えたり、質問や投票でオーディエンスとの交流を深めたりすることを検討してみてください。

背景テクスチャ。

タイムラインで注目を集める

Twitterにはフォロワーと関わり合うためのさまざまなオプションが用意されています。 クリエイティブな力を発揮してさまざまなメディア(テキスト、写真、動画、ライブ、投票、絵文字、Twitterカードなど)を組み合わせてメッセージを伝え、会話に参加する新しい方法を見つけましょう。 リッチメディアコンテンツを使用するとエンゲージメントが向上し、フィードが活性化され、訪問者数が増えることが証明されています。動画には字幕、画像には代替テキストを付けてアクセシビリティに配慮したコンテンツ作りを心がけましょう。

背景テクスチャ。

ツイートを予約する

非営利団体で働く人にとって、リソースや予算が限られていること、そして時間に制約があることは周知の事実です。編集カレンダーを使う、画像を事前に準備する、そしてツイートを予約するなどして早めに計画を練ることは、時間の大幅な節約につながります。TweetDeckMedia Studio、twitter.comを利用してツイートを予約すれば、リアルタイムでのエンゲージメントに集中できます。

黄色い背景上に示されたTwitterプロダクトのスクリーンショット 。

アクションを促す

呼びかけるだけで、1つのツイートからより多くのエンゲージメントを得られる場合もあります。ツイートを作成するとき、特にそれがキャンペーンの一環である場合は、オーディエンスにどのようなアクションを起こしてほしいかを率直に呼びかけてみてください。例えば特定のハッシュタグを使用する、動画を見る、ツイートにリツイートする、最新のレポートや寄付の受付ページをクリックする、などがあります。写真や動画を使ってツイートするのは、Twitterカードやインタラクティブ形式のツイートと同じく、タイムライン上で自組織のメッセージに注目を集める方法として優れています。コールトゥアクションはムーブメントの一部になったような感覚を人々に与えられるため、積極的にツイートに組み込んでください。

背景テクスチャ。

関連記事

Twitter Createから、最新のインスピレーションとリソースを直接メールでお届けします。