ベストプラクティス

VITと提携してTwitterでの会話を促す

アワードショーやカバーストーリーなど、主要なエディトリアルモーメントの活用

Twitterによってエンターテインメント業界の在り方が変わり、パブリッシャーがオーディエンスと直接つながるための手段も、リアルタイムのダイレクトで創造的な方法へと変わりました。エンターテインメント業界のパブリッシャーは、エディトリアルコンテンツ、イベント、キャンペーン、コラボレーションを通じてVIT(Very Important Tweeter)と連携する機会が数多くあります。こうした機会によって可能性を広げ、VITがTwitterでオーディエンスとつながることで、数多くの印象的なモーメントが生み出されています。

Lin-Manuel Mirandaさんをはじめ、「ハミルトン」の総勢34名のキャストが一堂に会し、Disney+での配信開始を記念してグローバル規模のTwitterウォッチパーティーを開催したところ、グローバルトレンド1位、数百万のツイートという大きな反響を呼び、多くのメディアに取り上げられました。また、スターたちがTwitter Q&Aでファンと直接コミュニケーションを取る毎週の「ルポールのドラァグレースUK」のようなケースも、創造性とエンゲージメントにつながる大きな可能性を秘めています。

この記事では、Twitterでの会話を促す目的で有名人と提携する場合に検討していただきたいアーティスティックな方法をいくつかご紹介します。

オーディエンスとリアルにつながる

役者、アスリート、ジャーナリスト、ミュージシャンはTwitter VIT アプリを使用することで、ユニークかつインタラクティブな形でファンと関わり合うことができます。新しい番組やイベント、カバーストーリー、アルバムのプロモーションと組み合わせれば、話題作りに大きな効果を発揮するツールになり、タレントにとっては必要最小限の手間で「ポケットに入れて、いつでも、どこでも」利用できるソリューションになります。

背景テクスチャ。

体験を共有する喜び

「ウォッチパーティー」、そして「リスニングパーティー」が人気を博し、成功を収め続けているのは、世界中の人々が互いにつながり、楽しいひと時を分かち合いたいと願っているからに他なりません。新しい映画や番組、象徴的なアルバム、懐かしいマイルストーンなどのスター、クリエイター、ライター、そしてスーパーファンとパートナーシップを組むことで、タイムラインに大きな喜びとインサイトをもたらすことが証明されている新しい方式が生まれました。また、ファンとの直接の会話や共有が可能になることで、特定のイベントに対する認知度や愛着を高めることができます。

背景テクスチャ。

ストーリーの流れを作る

人々がTwitterを訪れるのは、今起きていることについて会話を始めたり、読んだり、参加したりするためです。その会話の中で自分の居場所を見つけ、受け入れることで大きな成果を得られます。たとえば、会話設定などの機能を使えば、 以前はできなかったような形で会話を始め、流れを作ることができます。会話を複数名に制限して不要な情報を減らし、ファンのタイムラインでやり取りを目立たせることができます。この形式は1対1の会話やインタビュー、モデレーター主導のディスカッションやQ&A、パネルディスカッションなどに適しており、クリエイティブな可能性は無限大です。

背景テクスチャ。

自分らしいツイートを自分の声で

お気に入りの音楽、小説、物語、インタビューなどを、その主人公の声を通して知ることができるのは何よりも素晴らしいことです。音声ツイートを利用すると、一緒に仕事をしているVITがプロジェクトや会話に新たな次元の個性、センス、親しみやすさを加えられるようになり、しかもすべてがボタンをタップするだけで完了します。始めるには、Twitterアプリの [作成] ボタンをクリックし、紫色のサウンドバーをタップして、トークや歌、ささやき、ラップなどに乗せてメッセージを発信します。

背景テクスチャ。

関連記事

Twitter Createから、最新のインスピレーションとリソースを直接メールでお届けします。