オピニオン | 注目の人

注目の人: Sean Garrette

クリエイターは、拡散力のあるトレンドやインパクトのあるリアルタイムでの盛り上がりについて時代を先取りしており、世界中のオーディエンスの共感を呼ぶ有意義なつながりを生み出しています。「注目の人」では、Twitterでもひときわ輝く優れたクリエイターを紹介しています。今回は、美容家であり、スキンケアの第一人者でもあるSean Garretteさんに、大好きなことがキャリアになった経緯について、そしてオーツミルクに関するちょっとしたコメントがきっかけで、タイムラインで友情が生まれた事情についてお話を伺いました。

Sean Garretteさんの写真

Twitterで活動を始めたころは、スキンケア関連のコンテンツや参考になるスレッドを作成したり、お気に入りのルーティンや商品についてツイートしたりしていました。しかし、時間が経つにつれて、自分のフォロワーのことを親友だと考えるようになりました。自分のオーディエンスのほとんどがここにいて、みんなとつながることができるTwitterは、私にとって楽しくて安らげる場所となっていきました。自分の人生やその日起こった面白いことを紹介し始めると、まさにコミュニティのようになっていったのです。今でもスキンケアアドバイスを求めてくる人はいますが、男の子、テレビ番組、映画など、なんでも話せます。

背景テクスチャ。

いつもオーディエンスを獲得するための戦略についてきかれるのですが、趣味としてやっていた好きなことがプロの美容家としてのキャリアになっただけなんです。スキンケアや興味のあることについて話すのがただ好きなだけです。自分の経験をみんなに伝えることで、とても幸せな気持ちになれました。私のおかげで肌がきれいになったというメッセージも、スキンケアにまったく関係がないメッセージでも、すべて特別です。

 

活動を始めた当初、ツイートに動画や写真をたくさん付けていました。当時は、Twitterでそんなことをしている人はあまりいなかったと思います。タイムラインはたくさんの言葉であふれているので、お気に入りの商品を使っている動画を投稿すると、みんなのスクロールする手が止まるんだと思います。今でもコンテンツを作るときは、みんなが気になるような、もっと知りたいと思わせるよう、視覚的な要素を使っています。そして、ある商品に関するツイートが注目を集めたら、そのツイートをブランドに見せて、「オーガニックなコミュニケーションとしてこの商品を紹介したところ、注目を集めました」というように伝えます。それが企業とのパートナーシップにつながります。Twitterはポートフォリオにもなるし、自分自身やビジネスの成長、目標達成につながるプラットフォームにもなるんです。

 

背景テクスチャ。

今、Twitterで私はオーディエンスから崇拝の対象みたいになっているようなので、ブランドとの仕事をたくさんしている他のプラットフォームとは異なるアプローチで発言するようにしています。Twitterでは、フォロワーに対してタイムラインで何かを売り込む必要性を感じません。最近、複数のブランドが参加するスポンサー付きのスペースに関わったのですが、新商品の発売について話し、会話に参加できるのは本当にすばらしい体験でした。コミュニティも大好きです。コミュニティはTwitterのなかのプライベートな空間のようなもので、みんなの質問やツイートが失われてしまうこともありません。


Twitterの特に気に入っている点は、会話を中心としたアプリだという点です。Twitterでオーディエンスとの距離を感じることはありません。些細な話題について会話を始めて、リアルタイムでみんなとつながることができます。最近、オーツミルクを飲むと気持ち悪くなることについてツイートしたところ、他にも同じ経験をしている人やおすすめのミルクを教えてくれる人との会話が始まりました。このように自分のコミュニティを見つけたり作ったりできることこそが、Twitterの醍醐味です。

背景テクスチャ。

憧れの人がTwitterで自分をフォローしてくれた時にはなんとも言えない不思議な気持ちになります。City GirlsのアーティストであるJTさんが最近、私とDiorとの新たなコラボレーションについてお祝いしてくれ、私の発表もリツイートしてくれました。本当に天にも昇る心地がしました。音楽を聴いたりコンサートを見たりしていたアーティストが自分の活動に興味を持ってくれるのは素敵なことです。私はスキンケア関連のクリエイターだけでなく、色々なアカウントをTwitterでフォローしています。Scottie BeamさんとSylvia Obellさんは、2人ともとても面白いし、Nygel SimonsさんとBri Malandroさんも目が離せない、懐かしいポップカルチャーとファッションのアーキビスト(記録し、後世に伝えていく人)です。化粧品化学についてスマートかつ科学的に分析しているEsther Oluさんや、スキンケアの誤った考えや情報について解説しているDr. Michelle Wongさんもフォローすべきですね。

背景テクスチャ。

今はクリエイターの数もかなり多くなっているので、自分のフォロワーとつながりを築くための新たな方法をいつも模索しています。常にオーディエンスを楽しませ、新たなオーディエンスを獲得しながら、自分のコンテンツに興味を持ってもらえるようにしたいと考えています。時には少し燃え尽きたりしてしまうこともありますが、隠す必要もありません。Twitterとはそういうものなのです。みんながそれに反応して活動の再開に向けて励ましてくれるので、以前よりもさらに制作に打ち込めるようになります。

 

Twitterでコンテンツクリエイターになることを検討している方には、定番のアドバイスですが、自分らしさを発揮して得意分野を見つけるのが一番です。その得意分野を極め、Twitter Media Studioでクリエイティブな力を発揮し、あなたに興味を示してくれた人との関わりを大切にしてください。Twitterで大規模なオーディエンスを獲得するのは簡単ではありませんが、急速な拡散は狙ってできるわけでもありません。自分にうそをつかないことです。拡散狙いのツイートは必ずばれてしまいます。Twitterにはさまざまなことに興味を持っている人がいるので、きっとフォロワーが見つかるはずです。めちゃくちゃでもいいから、何でもツイートしてみましょう!

注目のコレクション

注目の人

注目の人」コレクションでは、他にもTwitterでひときわ輝く優れたクリエイターを紹介しています。

Twitter Createから、最新のインスピレーションとリソースを直接メールでお届けします。